就職が内定していれば借入れは可能?

Q 現在無職の人でも、就職が内定していれば、つなぎの生活資金などの借入れ、キャッシングは可能でしょうか?
就職内定でも生活費ない男性

A 大手キャッシングでも、就職先が決まっていて、その就職先が社会的にたいへん信用のある会社などで、そのうえ契約の給料の額がそこそこ高ければ、借り入れ可能なケースはあります。

「スゴイ一流の会社にお勤めなんですねぇ~。」などと世間で言われるような知名度のある大手企業であれば、内定証明書などを提出して借入れできることがあります。それでも、基本的には難しいと言えるでしょう。

より柔軟対応を求めるなら、審査の甘い中堅キャッシングがおすすめと言えます。

無職の場合は、銀行はもちろん、消費者金融でもお金を借りることはできないのです。
貸金業法によると、借入総額は年収の1/3までと決まっています。

つまり、年収が「0」の無職の人は、借入可能額はやはり「0」なのです。

内定証明書が必要なケース

それに、大手キャッシングの場合ほとんどが、内定証明書や給与額の契約書などの提出が必要になります。
内定書・給与額契約書
内定先の会社に内定証明書(支給予定の給与額の記載が必要)などを発行してもらうのは、なんだか気まずいですよね。

「内定証明を出してもらうのはちょっとためらわれる。」そんな場合は、個人の事情をくんでくれるような、柔軟審査の中堅キャッシングに相談するのがおすすめです。

初めから貸付担当者が相談に応じてくれる、規模の小さい独自審査のキャッシング会社に問い合わせるべきでしょう。

不動産や年金は?

完全に無職で就職も内定してないけれど、不動産を持っている、そんな場合はどうでしょう?

不動産、年金でのキャッシング
残念ながらやはりキャッシングは難しいです。不動産を売却することが決まっているなど、特別のケースなら借入れが可能です。

年金生活者の場合、年金は収入とみなされますので、年金額にみあったキャッシングが可能です。

無職、失業中の現金対策

完全に無職であったとしても、もしクレジットカードがお手元にある場合は、カードのショッピング枠を利用しての現金化は可能です。
クレジットカード
クレジットカードの現金化は融資ではありませんので、無職や失業中でも問題なく利用できます。

たとえキャッシング枠がいっぱいでも、ショッピング枠に空きがあることだけが条件なのでハードルは低いです。

その分メリットとデメリットをよく理解しておくことが、後々のトラブルを避けるためには必須です。


TOP:簡単で審査に通るがポイント
キャッシングの疑問Q&A

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ