銀行系消費者金融って何?

銀行系消費者金融って何ですか?銀行の一部門ですか?

 文字通り銀行系消費者金融とは、銀行から資本を提供してもらっている消費者金融です。ただし銀行の一部門などではなく、れっきとした独立した消費者金融です。

消費者金融を大きくわけると、一般の消費者金融と銀行系消費者金融に分けられます。
消費者金融とは、個人への小口融資を専門とする金融業者のことです。銀行とは内容が大きく違います。

銀行系消費者金融街金・サラ金

銀行系は知名度が高い

有名な銀行系消費者金融としては

    • レイク(新生銀行系列)
    • アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ系列)
    • プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス系列)

などが挙げられます。知名度の高い大手は銀行系消費者金融が多いですね。

銀行系消費者金融のメリットとデメリット

メリットデメリット

メリット ・金利が比較的低く設定されている・融資の限度額が大きい
デメリット ・マニュアル通りの厳格な審査基準で融通が利かない

信用情報に事故情報や何だかの問題があれば、まず審査には通りません。信用情報とはどんな情報?

一般の消費者金融とは?

銀行が資本提携していない消費者金融ですので、規模的には小さいところが多いです。
以前、街金やサラ金と呼ばれていた、地域型の小規模な消費者金融などもこちらに含まれます。

規模が小さくなれば、独自の方針を打ち出していたり、審査が柔軟で甘くなる傾向はあります。中堅キャッシングって独自審査?

借入れする方の現状に即して、銀行系消費者金融か一般の消費者金融か選ぶのがよいですね。

おすすめプラン♪
独自審査で確実に借りたい

簡単キャッシング一覧へ
審査簡単な小規模キャッシング


TOP:中堅キャッシングなら簡単審査
キャッシングの疑問Q&A

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ