返済できない時ってどうすればいいですか?

Q「どうしても今月返済できない!」そんな時はどうしらいいですか?

電話する女性
A とにかく事前に担当者に連絡することです。

キャッシングは返済に遅れないことが前提です。ですから、どうしてもやむを得ない事情で返済日までに振り込めない、返済できないというときは、必ず前もって連絡しなければなりません。きちんと電話で担当者に説明しましょう。

また、返済できない理由は正直に話しましょう。もし、嘘の理由をでっち上げて後でばれてしまった時、担当者の信用を完全に失います。

ただし、ギャンブルですってしまったというような言い訳は、正直に話したとしても通用しませんが・・・

支払いの意志があることを伝える

担当者に「支払の意志がある」と誠意を見せることが重要です。もし利息だけでも払えるのなら払っておくことをおすすめします。

担当者に信用されていれば、滞納しても1、2か月なら待ってもらえることもあります。担当者が一番恐れるのは「踏み倒されるのではないか?」ということですから、返済の意志を示しておくだけで、ずいぶん対応は変わってくるのです。(もちろん、常習的に返済が遅れている場合は別です。)

また普通は返済を滞納すると、遅延損害金が別途かかりますが、甘い担当者なら免除してくれるケースもあるようです。延滞すると遅延損害金がかかる?

返済期日をおまけする店員と喜ぶ男性
それに、担当者に事前に知らせるのと知らせないのでは、後々の扱いがまったく違ってきます。もし担当者に連絡せずに滞納してしまうと、「支払いの意志がないもの」と受け取られる可能性もあり、あなたの信用は完全に失墜します。二度とそのキャッシング会社では貸してもらえないでしょう。

そして、そのまま3ヶ月滞納し続けると、個人信用情報がブラックになってしまいますから要注意です!

中堅キャッシングなどの規模の小さな店舗ほど、担当者のこころひとつという傾向が強いので、融通がききます。連絡しなければ確実にブラックになってしまうところでも、事前に誠意を示して連絡することで待ってもらえたりなど、柔軟な対応が望めます。

 

間に合う簡単キャッシング一覧
返済に困ったら中堅キャッシング

簡単キャッシングTOP
キャッシングの疑問Q&A

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ