年収を証明する書類が必要ですか?

Q 貸金業者でお金を借りるとき、年収を証明する書類を提出しなければならないのですか?

A 個人がキャッシング会社や消費者金融会社などからお金を借入れるとき、以下場合は、収入証明書の提出が必要です。

  • ある貸金業者から50万円を超えて借りるとき
  • 他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき

年収証明必要なキャッシング

年収はあくまで借り手側の自己申告になります。(リボルビング契約の借入枠設定も同じ)
年収証明書類を提出しない場合は、貸金業者の独断で借入額(キャッシング枠)を減額できます。

年収証明書類の種類

法令上認められている年収を証明する書類には以下のものがあります。

    • 源泉徴収票
    • 支払調書
    • 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上のもの、地方税額の記載があれば1カ月分)
    • 確定申告書
    • 青色申告決算書
    • 収支内訳書
    • 納税通知書
    • 納税証明書
    • 所得証明書
    • 年金証書
    • 年金通知書

提出書類はいづれも「直近の期間に係るもの(最新のもの)」が必要です。

最新審査書類を提出する男性

年収証明書の提出が困難なとき

アルバイトをかけもちしていて収入証明書を出すのが難しい、専業主婦(専業主夫)で配偶者に見つからずに収入証明書が出せない、緊急事態で収入証明書を用意する暇がない、など理由はさまざまですが年収を証明する書類の提出が困難な場合があります。

そのようなときは、中堅キャッシングの簡単審査がおススメです。中堅キャッシングなら、ケースバイケースな柔軟対応が期待できます。年収証明を出せない方には強い味方です。

 

年収証明ができない
柔軟対応キャッシング相談にお任せ

お申込み一覧ページへ
年収証明が出せない簡単審査で解決

 


TOP:中堅キャッシングなら簡単審査
キャッシングの疑問Q&A

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ