専業主婦やパートはいくら借りれる?

専業主婦がキャッシング会社などの貸金業者で借りられる額は、夫の年収の3分の1までです。もし夫にすでに借金があるなら、夫の借入分とあわせて年収の3分の1まで、ということになります。

夫の年収が600万円なら、200万円まで借りれます。年収の3分の1まで、というのは総量規制が適用になるからです。

専業主婦やパートの借入れ

専業主婦の借入れに必要なもの

ただし、自らに収入のない専業主婦の場合は、次のような書類の提出が求められます。

  • 配偶者の所得証明書
  • 配偶者であることを証明する公的書類
  • 配偶者の同意書
  • 指定信用情報機関への登録についての配偶者の同意書

これは最低限の書類ですから、他にも必要なケースもあります

 

専業主婦のきびしい立ち位置

2006年の貸金業法の改正によって、キャッシング会社や消費者金融でお金を借りれる人を「定期的な収入がある人に限る」と限定してからは、夫の同意なしに収入のない専業主婦が借入することはできなくなったのです。
専業主婦夫の同意が必要で驚く
これは、限られた予算内で家計をやりくりしなければならない専業主婦にとって、たいへんきびしい現実です。

家賃や住宅ローン、光熱費、食費、など毎月決まって出ていくお金が足りないとき、「生活費のつなぎ資金に、ちょっとお金を借りてしのごう。」などと以前のように気軽にはできなくなりました。

また、急な御葬式や結婚式、学校の入学金、突然の事故や病気など、思わぬお金が突然必要になる場面は必ずあります。

そんなときにも、面倒な書類の提出が必要であったり、とても専業主婦のキャッシング条件は良いとは言えません。

そんな主婦にとって、即日で振り込んでもらえる簡単審査のキャッシングがあったらとても助かりますね。独自審査の中堅キャッシングなら、あなたのお困りに専任スタッフが柔軟対応しています。

専業主婦の簡単審査こちら

 

パートタイム主婦はいくら借りれる?

パートタイムの主婦は自らに収入がありますから、借りれる額は自らの年収の3分の1までです。
パート収入が年間90万円の人なら、30万円までという事ですね。

しかし現実には、パート収入というのは毎月数万円ていどであったり、それほど多くない人がほとんどです。どうしても借りられる額というのは限定されてしまいます。
パート主婦が審査で悩む
また、毎月の収入に変動があったり、安定していないケースもよくあります。
そのようなケースでは、どうしても返済能力に欠けると判断され、大手のキャッシング会社では審査に通らないことが多いのです。

これは、アルバイトやフリーターなどでも同じことが言えます。

このようなときに頼りになるのは、やはり独自審査の中堅キャッシングですね。
専任スタッフが一人一人の個別のケースに対応してくれます。

独自審査の中堅キャッシング申し込み

 


簡単審査の中堅キャッシング
キャッシングの疑問Q&A

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ