審査項目はどのようなものですか?

Q キャッシング審査というのは具体的に何を審査するのでしょう?

A 一般的な大手キャッシングでの審査は、申し込み者の自己申告した(申込書に入力した)個人情報と、信用情報機関に照会した「信用情報」の2種類の情報によって行われます。特に重要なのは個人信用情報です。

審査項目に悩むサラリーマン
それに対して、規模の小さなキャッシング会社では、自社で審査基準を決めている独自審査も行われています。独自審査の場合は、審査項目は各キャッシング会社ごとにまちまちです。

消費者金融、キャッシング、カードローンなどに申し込むと、必ず審査があります。
お金を貸す側からすると、申込み者に返済能力があるかどうか調べるのは当然のことですね。

キャッシングの審査項目は大手キャッシングであれば、主な項目はだいたい同じようなものです。主なものは以下のようなものです。

申し込み書に入力する項目(大手)

基本情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別・独身既婚
  • メールアドレス
  • 稀に国籍、最終学歴の卒業年月など
  • 住所
  • 電話番号
  • 住居種類(持家、家族持家、賃貸など)
  • 入居年月
  • 家賃、住宅ローンの額
  • 家族人数
  • 家族構成

申し込み者本人の持ち家や家族の持ち家だとポイントが上がります。居住年数も長いほど評価されます。

 
勤務先情報

  • 勤務先会社名
  • 所属部署
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 社員数
  • 事業内容(建築、製造、サービス、教育、医療など)
  • 入社年月
  • 勤務形態(正社員、派遣社員、アルバイト・パートなど)
  • 職種(事務、営業、販売、技術など)
  • 収入形態(固定給、一部歩合、完全歩合など)
  • 収入(月収、年収)
  • 収支など(手取りから家賃、ローン、生活費を差し引いた金額)

他に・給料日、保険証種類(社会保険、国民健康保険など)、保険証区分(本人、扶養家族など)、休日などの入力項目がある場合もあります。

当然、勤務先が大手企業や公務員だと評価されます。勤続年数は長いほど、勤務形態は正社員ほど有利になります。

当たり前ですが、収入形態は固定給が一番評価が高く、収入は多いほどいいです。保険証の種類を聞かれた場合は、社会保険、組合保険、共済保険が国民保険よりも評価が上です。

他社での借入れは自己申告と信用情報

他社の借入れについても自己申告します。これはキャッシング会社が信用情報機関に照会(問い合わせ)も行っています。借入件数と借入総額は審査の重要なポイントです。

大手だと、借入件数が3件以上だとかなり審査は厳しくなります。また、借入総額年収の1/3以上だと総量規制にかかってしまいます。
だからといって、ここで借入件数と借入総額をごまかすと、バレたときには完全に信用を失うことになります。正直に申告するのが良いでしょう。

また、借入れ希望額については、最初は少なめに指定する方が審査に通りやすくなります。返済実績を重ねるたびに、限度額は上がっていくものです。

こうしてみると、審査項目はかなり多くてたいへんです。

もっと簡単に、もっと早く、シンプルな審査項目で借りたいときは、中堅や中小のキャッシングがおすすめです。借入件数が多いなどのお悩みにも、独自審査なら審査に通る確率はグンとアップします!

 

おすすめプラン♪
シンプルな審査項目で借りたい

簡単キャッシングお申込みへ
審査簡単中堅キャッシング


TOP:中堅キャッシングなら簡単審査
キャッシングの疑問Q&A

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ