悪質詐欺業者の対策は?

中堅や中小の消費者金融でキャッシングするのは、悪質詐欺業者が紛れていないか心配・・・ という方のために、悪質詐欺業者がよく使う手法をご紹介しています。詐欺業者の対策に役立ちます!
悪徳金融詐欺業者におびえるサラリーマン

超高金利融資の対策

主に多重債務者何件以上で借りていると多重債務ですか?自己破産者自己破産後もキャッシングできるところなどにダイレクトメール等を送り、10万円以下程度の小口の融資話しを持ちかけて、10日で3割、5割、それ以上の法外な高金利で貸付けます。

1週間ごとに返済を要求し、だらだらと返済させられて、いったいいくら支払ったのかわからなくなります。契約書や利息計算書等は発呼せず、証拠も残しません。

あきらかに超高金利の場合は、絶対に融資を受けてはいけません。

紹介料をだましとる詐欺業者の対策

超低金利で融資をするような見せかけの広告で勧誘し、「ここでは貸せないが他の店を紹介する」などと、高額な紹介料や謝礼金をだまし取ります。

一般の貸金業者であれば、審査に通らなかった人に他の業者を紹介するなどということは決してしません。紹介料が必要ならその場でお断りください。

アルバイトに名義を借りさせる詐欺の対策

若者に「消費者金融の実態調査」などとアルバイトをもちかけて、消費者金融会社のカードを作らせ借入させます。

詐欺業者は返済の必要はないと説明しますが、実際には騙して作らせたカードで金銭を引き出し、借りれるだけ借りたら逃げてしまいます。一定の期間はバレないよう返済を行うこともありますが、ほとんどの返済は残ります。

たとえ知り合いでも、名義は絶対に貸してはいけないものです。ましてや、アルバイトで名義を貸すということはあり得ないと心得てください。

債権譲渡詐欺(集金詐欺)の対策

「あなたの債権の譲渡を受けました。以後お支払いはこちらにお願いします。」と書面などで通知して返済金を騙し取る集金詐欺です。

「債権譲渡の通知」は、元々の契約の内容がすべて記されているのが正式です。債権の譲渡元が記載さていなかったり、契約内容が不明なものは詐欺と思いましょう。心当たりがあるなら、必ず借入先に問い合わせて確認しましょう。心当たりのない場合は、各都道府県の消費生活センター等で相談できます。

詐欺業者が心配なら!
詐欺業者事前排除のマッチング
お申込み一覧ページへ
独自審査の簡単キャッシングなら

TOP:中堅キャッシングなら簡単審査

キャッシングの疑問Q&A

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ