申し込みブラックにならないために

短期間に何度もキャッシング会社や消費者金融などの貸金業者に申し込むと、それだけで審査に通らなくなります。この申し込みだけで審査に通らない状態を「申し込みブラック」と呼びます。

申し込みブラック図解

申し込みブラックになるのはなぜ?

ひと月の間に3社以上申し込むと、確実に申し込みブラックになるといわれています。

キャッシング会社や消費者金融に申し込みをすると、その申し込み情報が信用情報に記載されるのです。つまり、申し込み履歴は信用情報機関の信用情報に残ってしまいます。申し込み履歴が残るのは、一般的に6か月程度といわれます。

申し込み履歴が6カ月残る図
審査するキャッシング会社などが、信用情報機関に申し込み者の個人情報を照会します。

キャッシング会社は頻繁に申し込まれた履歴を見て「こんなに何度も申し込んでいるのは、多重債務や多額の借金など、何か悪い事情があるのだろう。この人物に融資するのは危険だ。」と審査に落されてしまうのです。

申し込みブラックになる仕組み図申し込みブラックになる仕組み図
こうして同じ信用情報を利用している消費者金融などからは、次々に断られてしまいます。

これが申し込みブラックの状態なのです。申し込めば申し込むほど、ますます審査に通らなくなっていくのです。

申込みブラックを避けるには

申し込み履歴が信用情報に残っている6ヶ月の間は申し込みを避けることが理想です。

あくまでも理想は理想で、現実にはそうも言っていられないので、緊急の場合は独自審査のキャッシングを選ぶと良いでしょう。

中堅や小規模なキャッシング会社の、事前審査で申し込みブラックにならないプランが人気です。

事前審査なら複数申し込みOK!
申込みブラックにならない事前審査

お申し込み一覧ページへ
申込みブラックにならずに簡単審査


TOP:審査簡単キャッシング
キャッシングの疑問Q&A

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ