携帯料金の滞納中でもキャッシングできる?

携帯電話料金を滞納していてもキャッシングできるのでしょうか?

携帯料金滞納中のキャッシング

状況により違います。滞納している期間はどのくらいか?初めての滞納なのか、頻繁に滞納しているのか?それによって異なります。

滞納期間が短く、初めての滞納であればキャッシングできる可能性はあります。
長期にわたり滞納している場合や、頻繁に滞納を繰り返している場合は大手でのキャッシングは難しくなります。

携帯料金の滞納が気になるときは、中堅キャッシングに相談してみるのが得策でしょう。

 

携帯電話の使用停止はいつから?

携帯電話料金の支払いについては、普通は1か月滞納すると使用停止になります。また3ヶ月滞納すると強制解約になってしまいます。(厳密には携帯電話会社によって多少の差があります。)

「携帯料金くらい、多少支払いが遅れてもどうってことないだろう。」とつい気軽に考えがちです。

しかし携帯電話料金は、携帯端末の分割ローンなど、たいていクレジット払いですね。つまり信販会社との契約になります。クレジット払いの滞納は3ヶ月でブラックリストに載ります。

たとえ滞納期間が3ヶ月に満たなくても、何度も支払いの滞納を繰り返すと信用情報に記録されて、ブラックと同等の扱いになってしまいます。「ブラックリストに載る3か月以内に払っていればいいだろう。」などと軽く考えてはいけないのです。

携帯料金の滞納を、短期間でも何度も繰り返している人は、大手のキャッシング審査に通らない可能性があります。

 

携帯料金の滞納は損害金がかかる!

携帯料金を滞納すると延滞利息がかかります。いわゆる遅延損害金です。延滞すると遅延損害金がかかる?

具体的には、携帯料金の延滞は『年14.5%の延滞利息』がかかります。

携帯料金滞納の損害金説明図
この利息は、延滞し続けるとけっこうな額になってしまいます。延滞し続けて利息をたくさん支払うのはバカバカしいですから、利息が膨らむ前に早めに支払っておきましょう。

また、携帯電話会社同志は互いに情報を共有システムを持っています。つまり、1社で滞納があると、他社でも契約できない可能性が高まるのです。

強制解約にならないよう、携帯料金の延滞にはくれぐれも気を付けましょう。

おすすめ実力プラン♪
携帯料金滞納中でも

お申込み一覧ページへ
携帯料金滞納時の簡単審査

 


TOP:中堅キャッシングなら簡単審査
キャッシングの疑問Q&A

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ