何件以上で借りていると多重債務ですか?

Q 多重債務とは何社以上の借入れがある人のこと?

A 何件以上で借りていると多重債務とは一概に言えません。

複数のキャッシング会社でお金を借りていても、必ずしも多重債務とは言えないのです。多重債務とは、借りたお金を返すために、またお金を借りる。そして、そのお金を返すために、また別の金融業者などで借りる。そういう繰り返しになってしまった状態を多重債務と言います。お札と計算機、返済の計算イメージ

 

つまり多重債務とは、返済能力が個人の能力を超えてしまった状態を指しているのです。

たとえ3社、4社、それ以上の債務があっても、借り手に十分な返済能力があれば、多重債務にはならないのです。

それでも、大手キャッシングが「多重債務かも?」と判断を下す一般的なラインは3社以上の借入れと言われています。これはあくまでも基準であって、実際には個人の返済能力にかかっています。

金融庁のガイドラインには、年収の3分の1以上の借入があると多重債務状態になる可能性が高くなるという目安があります。その目安が総量規制として貸金業法に定められています。

借入件数が多いとき
オススメ匿名審査

多重債務になるはずがない!

自分が多重債務にばるはずがない!」と思っている人は要注意です。

「多重債務になるのは、よほどお金使いがルーズな人だ。」そう思っていませんか?ところが実際には、多重債務になってしまった人の多くが、かつてはそう思っていました。

1社当たりの借入額が少額であれば、まだまだ借りても大丈夫!と思わせる罠がそこにはあるのです。

もしA社から10万円借りても、毎月の返済額が5,000円なら余裕ですね。

これはとても便利だと、さらにB社で10万円借ります。毎月の返済額が10,000円ですから、特に問題なく返済できそうです。

こうして繰り返しているうちに、気付いたときには借入総額は莫大になっています。返済しても返済しても、なかなか元本が減らない状態になっています。いつの間にか、支払う金利だけで大きな額になっているのです。

キャッシュディスペンサーやコンビニで手軽に借りれるので、ついつい便利で利用しているうちに、気が付いたら多重債務に陥ってしまっていたというケースは多いのです。

では、多重債務にならないにはどうしたらいい?

  1. 一番有効な手立ては「全ての人が多重債務になるかもしれない。自分も多重債務になるかもしれない。」という多重債務に陥る可能性を常に意識してキャッシングすることです。なんとかなるだろう・・・はやめましょう。
  2. 毎月の返済額だけで判断せず、実際に金利を含めていくら返済するのかを計算しておくのは有効です。金利をいくら払っているかを知っておくことが大事なのです。なんとか払えるだろう・・・は勘違いです。

それでも生活していると、借入れ件数は気になるけれど、どうしても今すぐお金が必要というときもあります。そんな時には、独自審査の中堅キャッシングなら簡単審査、ご相談もOKです。

借入れ件数が気になるとき
独自審査の中堅店に相談する

多重債務も申込める中堅キャッシング


TOP:簡単で審査に通るがポイント
キャッシングの疑問Q&A

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ