信用情報とはどんな情報?

キャッシングしたり、分割で買い物したり、クレジットカードで支払ったりすると、その都度「信用情報機関」が管理している「信用情報」にその詳細が登録されていきます。

つまり、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などを利用するたび、それぞれの会社が加盟する「信用情報機関」の「信用情報」が書き加えられるという事です。PCファイル信用情報イメージ

信用情報とは何でしょう?

契約の状況を事細かに記録した個人情報のことです。

例えば、キャッシングした、ローンを組んだ、返済した、など何だかの動きがあったとき、その都度記載されていきます。

信用情報はキャッシングだけでなく、ローンやクレジットカードを利用する人全てに対して存在するものです。

ただし、その中のトラブル歴(返済の滞納などのトラブル、自己破産、債務整理など)のある情報のみを区別して「ブラックリスト」と呼んでいます。

信用情報自体は全ての人にありますが、そこに事故情報が記載された時にはじめて「信用情報がブラック」になるのです。

信用情報機関とは何でしょう?

例えば、キャッシング会社で融資を申し込むと、そのキャッシング会社が加盟している信用情報機関に申し込み者の個人信用情報を照会します。つまり、信用情報機関が管理している信用情報を介して、申し込み者のこれまでの情報が調査されます。

既にいくら借りているのか?今までの返済状況は良好か?延滞や滞納していないか?その他過去のトラブル歴などを調査して、問題が発覚すれば申し込みは断られます。

これが、消費者金融やキャッシング会社における審査と言われるものです。

キャッシング会社のみならず、ローン会社やクレジットカード会社も基本的には同じです。

この信用情報機関には、1社だけでなく、多くの消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などが登録しているのです。

多くの金融会社が同じ信用情報機関の同じ信用情報を利用しているという事です。つまり、お互いの情報を信用情報機関に集めることによって情報共有しています。

大手キャッシング会社のほとんどが、同じ信用情報を元に審査しているのですから、ある大手一社で審査に通らないということは、他社大手でも審査に通らない可能性が極めて大です。

信用情報ブラックならキャッシングできない?

中小のキャッシング会社であれば、必ずしも大手と同じ信用情報を利用していない可能性が高いです。

大手キャッシングが審査のために得ている情報とは、借入れ額や借入れ件数、返済状況なども違っていることがあります。信用情報によっては、全ての個人情報が掲載されていないものもあります。また、中小キャッシングの中には、信用情報を重要視しないところもあります。

それはつまり、世間一般で言われる「小規模キャッシングの方が審査が甘くて通りやすい」ということに繋がるわけです。

TOP中堅キャッシングのポイント キャッシングの疑問QAへ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ