ブラックリストでもキャッシングできる?

Q ブラックリストに載ると絶対キャッシングできないのでしょうか?

A 絶対できないということではありません。信用情報を重視する大手では無理でも、中堅や中小のキャッシング会社なら、独自審査でキャッシングが可能なケースもあります。

お金とATMと指さす男性

ブラックリストというリストは実際には存在しません。
金融機関が顧客情報の中から事故情報のある情報のみを、事故情報のない情報と区別するために「ブラックリスト」と呼んでいるにすぎません。

また、金融機関はそれぞれが信用情報機関に加盟しています。信用情報機関は個人の信用情報を管理する組織です。一般的に「ブラックリスト」と言うとき、この信用情報機関が持っている事故情報のことを指していることが多いようです。

ブラックリストを消すことは可能?

では、ブラックリストを消すことは可能でしょうか?

残念ながらブラックリストは人為的に消すことができません。消すことはできないのですが、ある一定期間を過ぎれば、事故情報は自ずから消えていきます。

ある一定期間の目安となるのは、クレジットカードの滞納等で5年、自己破産で5~10年です。

現在大手のキャッシング会社が利用している各信用情報機関のブラック情報の保有期間は以下の通りです。

CIC 延滞継続中│延滞解消後は5年│自己破産5年
JICC 延滞継続中│延滞解消後は1年│自己破産5年
KSC 事故発生日から5年│延滞解消後は5年│自己破産10年

延滞継続中とは延滞が解消しない限り事故情報が消えないという意味です。

あなたがブラックリストに載っているか気になっていて、チェックしてみようと思われるのであれば、CIC、JICC、KSC等と検索すればすぐに見つかります。各信用情報機関は情報開示を行っていますから、ご自身がブラックリストかどうか問い合わせれば知ることができます。

ただし、有名大手のキャッシング会社で、何社も審査に落ちてしまったという方は、調べてみるまでもなくブラックの可能性が高いでしょう。

ブラックリストの独自審査キャッシング

ブラックの人が、大手のキャッシング会社で審査に通らなくても「小規模キャッシングでは審査に通った」ということはよくあることですね。

中堅キャッシングや規模の小さなキャッシング会社では、大手と同じ信用情報をもとにしていない独自審査が多いからです。

例えば、あなたが3か月間の携帯電話料金を滞納した結果、ブラックリストに載ってしまったとしましょう。
では、そのブラック情報が日本全国の全てのキャッシング会社、隅々にまで行き届いているか? と言えば必ずしもそうではありません。
ブラックになってしまった人

中堅・中小のキャッシング会社では、独自の審査方法や審査基準を採用しているところが多数あり、それらのブラックリストを見ていないところもあります。甘い審査、柔軟な個別対応で大手と差別化を図って顧客を集めているからです。

ですから「ブッラックリストが気になる」「大手では審査に通らない」という方は、中堅キャッシングなどに相談するのがひとつの方法といえるでしょう。

ブラックリスト簡単審査キャッシング

 


TOP:中堅キャッシングなら簡単審査

キャッシングの疑問Q&A

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ